Amazon

Amazonと書店はどちらで本を購入したほうがいい?【ポイント還元率を比較】

Amazonと書店はどちらで本を購入したほうがいい?【ポイント還元率を比較】

本を買うときに、書店で買うのとAmazonで買うのとどちらがお得か知りたい。

本記事では、そんな疑問に答えます。

結論から言いますと、ポイント還元率で比較すると書店で買うよりAmazonで買ったほうが圧倒的にお得です。ほとんどの書店のポイント還元率は、100円で1ポイント(1%)に対しAmazonなら10%前後です。

ということで大型書店とAmazonのポイント還元率を比較してみました。

大手書店のポイント還元率はどれくらい?

実際にどれくらいのポイント還元率なのか有名な書店のポイント還元率を調べてみました。

ちなみに2017年度の売り上げランキングは以下の通り。

順位
書店名
本社
決算月
売上
昨年比
店舗数
1位
TSUTAYA
東京
3月
276,501
8.4
1,435
2位
紀伊国屋書店
東京
8月
103,376
▲2.4
69
3位
丸善ジュンク堂
東京
1月
76,034
▲1.2
90
4位
ブックオフ
神奈川
3月
65,619
▲4.4
825
5位
未来屋書店
千葉
2月
56,073
▲2.5
306

引用|書店売上ランキング 2017年度 日経MJ発表  寄稿:冬狐洞 隆也 氏:【 FAX DM、FAX送信の日本著者販促センター 】

なので、中古本を主に売っているブックオフを抜いた以下の書店のポイント還元率を紹介します。

  • TSUTAYA(ツタヤ)
  • 紀伊国屋書店
  • 丸善ジュンク堂
  • 未来屋書店

TSUTAYA(ツタヤ)|200円で1ポイント

TSUTAYA(ツタヤ)で本を買ったときにもらえるポイントは、基本的に200円で1ポイントです。なので、ポイント還元率は0.5%ですね。

ただし、TSUTAYAは月に何度か利用しているとポイント還元が増えたりするのでよく利用する人はよいかもしれません。

普通のTカードとは違うTカードプラスなら、いつでもポイントが3倍になるので200円で3ポイントもらえるということになります。Tカードプラスは、年会費がずっと無料なのでTカードプラスにしたほうがいいですね。

Tカードプラスについて詳しく知りたい人はこちら

未来屋書店|300円で1ポイント

未来屋書店で本を購入したときにもらえるポイントは、300円ごとに1mibonポイントがもらえます。なので、ポイント還元率は約0.3%です。

未来屋書店の「milbon電子書籍」「milbon 本の通販」での購入なら200円で1mibonがもらえます。

未来屋書店のポイントについて詳しく知りたい人はこちら

丸善ジュンク堂|200円で1ポイント

「MARUZEN」「ジュンク堂」「文教堂」「啓林堂書店」で本を購入したときにもらえるポイントは、200円で1ポイントです。なので、ポイント還元率は0.5%ですね。

ネット通販「honto」での購入なら100円で1ポイントがもらえます。

丸善ジュンク堂のポイントについて詳しく知りたい人はこちら

紀伊国屋書店|100円で1ポイント

紀伊国屋書店で本を購入したときにもらえるポイントは、100円で1ポイントです。なので、ポイント還元率は1%ですね。

月の購入金額が1万円以上だと、100円で1ポイントとさらに1ポイントもらえます。なので月に1万円以上利用した翌月は、100円で2ポイントもらえるのでポイント還元率は2%になります。

洋書の場合だと、100円ごとに5ポイントがもらえます。

紀伊国屋書店のポイントについて詳しく知りたい人はこちら

Amazonは最大で10%超えのポイント還元率!

Amazonで本を購入したときにもらえるポイントは、基本的に100円で1ポイントです。

ですが、Amazonのクレジットカード「で支払いをすれば、最大2.5%還元されます。

3冊以上のまとめ買いで最大12%のポイントが還元されたりもします。なので、Amazonで本を購入するのが一番お得ですね。まとめ買いについてはこちらの記事(参考|【手順解説】本を買うならAmazonでまとめ買いがお得!クーポンコードを入力するだけで最大12%ポイント還元!)が参考になれば幸いです。

【手順解説】Amazonで本を買うならまとめ買いがお得!クーポンコードでポイント還元しよう。
【手順解説】本を買うならAmazonでまとめ買いがお得!クーポンコードを入力するだけで最大12%ポイント還元!Amazonで本を買うとき、いつも1冊だけ買っていませんか? まとめて本を買うけどクーポンコードを入力しないで購入していませんか?...

Amazonのポイントは、本以外にAmazonで自由に使うこともできます。

ポイント還元率がいちばん多く、ポイントの使い道もたくさんあるので、ぼくはたいがいAmazonで本を購入していますね。

書店で本を買うメリット・デメリット

書店で本を買うメリット

  • 実際に本を手に取って見ることができる
  • 買ってすぐに読める
  • 話題の本や新書がすぐにわかる

書店で本を購入するメリットは、なんと言っても実際に本を手に取って見ることができることですよね。ちょっと気になる本があったら軽く読むことができる。

書店はふらっと行くと新しい発見があったりするので、ぼくも1ヶ月に数回は行くようにしてます。

書店で買うデメリット

  • 書店にわざわざ行かないといけない
  • ポイント還元率が低い
  • 自分が買った本が見られる

書店で本を購入しても、良くて100円で1ポイントなのでポイント還元率が低い。TSUTAYAならTカードプラスにすることでかなり還元率が良くはなりますが、いつもTSUTAYAに行くわけではない。

だから、書店で本を購入することはほとんどありません。

Amazonで買えないときや、どうしてもいますぐ読みたい本があったときに利用しています。

Amazonで本を買うメリット・デメリット

Amazonで本を買うメリット

  • どこでも本を買うことができる
  • ポイント還元率が高い

Amazonで本を購入するメリットは、ポイント還元率がかなり高い。まとめ買いをしてAmazonのクレジットカードで支払うだけで10%前後のポイント還元率なのでかなりお得。

それに加えて、スマホやパソコンからポチッとするだけで買えちゃえます。しかも、ぼくがAmazonプライム会員なので、「お急ぎ便」を利用して本を購入した翌日には届く。だからすぐ読むことができる。最高。

Amazonで本を買うデメリット

  • 買ってすぐに本を読むことができない
  • 買う前に試し読みすることができない

Amazonでは、本を試し読みをすることができません。欲しい本があるときはAmazonですぐに買ってますが、「この本は微妙かな…」ってときは書店に行って軽く読んだりしてます。

書店と違って買ってすぐに読むことはできませんが、先程書いたように「お急ぎ便」を利用すれば購入した翌日には届くし、Kindleなら買ってすぐに読めるのでそこまでデメリットに感じていません。

まとめ|Amazonと書店で比較したらAmazonのほうがお得!

ということで、Amazonと書店でどちらで本を買ったほうがお得か比べてみました。

Amazonで購入したほうがお得なので、これを機会にAmazonを利用してみるといいですよ。Amazonプライム会員になれば、かなり便利なります。

だれでもAmazonでお得に買い物ができる方法を教えます。
Amazonチャージで買い物をお得にする

知っていましたか?

Amazonでの買い物は、「Amazonチャージ」を利用するのがとてもお得!現金でチャージをするだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元される。

Amazonで買い物をするなら利用しないのはもったいない!しかも、Amazonチャージならクレジットカード決済でしか購入できないようなコンテンツも購入することが可能!

▼詳しくはこちら

公式サイトでAmazonチャージを利用する

あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。