仕事

退職した人がやること&会社員のうちにしておくといいこと【要点だけ教えます】

退職した人がやること&会社員のうちにしておくといいことをアドバイス!【要点だけ教えます】
会社を辞めようと思っているけど、辞めたあとの手続きがまったくわからないからざっくりと必要なことだけ知りたい。辞める前にしておいたほうがいいことってあるのかな…

1年半前に退職を経験しているニート歴1年半のシロハヤ(@shirohaya10)がお答えします。

退職してすでに1年半経つので、退職する前にわかっていたら良かったなって思うこともアドバイスとして書きました。

 

  • 退職する前にやっておいたほうがいいこと
  • 退職したあとにすること

本記事では、実際に退職したぼくがした手続きや退職前にしておけばよかったことを解説してます。

この記事を読めばほんとに必要な情報がわかります。詳しい手続きなどはもう忘れたのでそれぞれ参考になるサイトを紹介しておきます。

退職する前にやっておいたほうがいいこと

  • 数ヶ月の生活費分の貯金
  • クレジットカードの作成
  • ローンなどの契約
  • ある程度の収入源の確保

数ヶ月の生活費分の貯金

辞めたあとになにをするかによってどれくらいのお金が必要かは変わってきます。

例えば、自分でアフィリエイトやフリーランスなどをするにしてもすぐに結果が出ないことがほとんどです。

半年間~1年は余裕があると精神的にも負担がないです。

退職金や失業保険がもらえる分を考えても最低は3ヶ月分くらいの生活費あるといいです。

クレジットカードの作成

無職になって実感しましたが、クレジットカードの審査がまあ通らない。

そりゃあ無職がどうやってお金払うんだってなりますよね、普通に考えて。収入が安定してきたらある程度のクレジットカードの審査は通るようになるんでしょうけど…

とにかく会社員のメリットでもある社会的な信用。

これを最大限に生かすためにクレジットカードは作れるだけ作っておいたほうがいいですよ。

ちなみに自己アフィリエイトといって、クレジットカードを作るだけでお金をもらうこともできるのでついでに退職後の資金もゲットできるので一石二鳥です。

やっておけばよかった…

こんな感じで無職だと色んな審査が通らなくなります。笑

【調査】Appleの分割ローンの審査が無職でも通るか試してみた。
【調査】Appleの分割ローンの審査が無職でも通るか試してみた。 Apple製品大好きなのに、いまだにMacは持ってないシロハヤ(@shirohaya10)です。 Appleは、30000...

ローンなどの契約

こちらもクレジットカードと同じ理由ですね。会社員という社会的信用をフルに活用しましょう。

ぼくが働いていた会社の同期はぼくが辞めるころにマイホームとマイカーをフルローンで購入していました。

不動産もやろうと考えてたんですが、勉強する時間がなくて諦めました。もし、不動産をやろうとしているなら会社の信用を利用しましょう。

ある程度の収入源の確保

ぼくのようになにもない状態で会社を辞めるのもいいです。

ですが、ある程度は収入の目安があると大変な思いをしなくて済みます。

ブログでいえば、会社員をしながらでもできます。なので、月に3万円くらいの収入が得られるようになったら辞めるとか。

ぼくの場合は、会社員として働く時間がもったいないと思って、なにもない状態で辞めましたが少し成果が出てから辞めるのもいいと思います。

退職した人がすること

  • 離職票と印鑑を持ってハローワークへ行く
  • 年金手帳と印鑑を年金事務所へ行って申請をする
  • 任意継続か国民健康保険の切替えか選択する
  • 確定拠出年金の残高を確認する

失業保険の申請|離職票と印鑑を持ってハローワークへ行く

退職したら一番初めにやることです。

失業保険をもらえる人は条件があります。ただし、すぐに働く予定の人は申請をしないほうがいい場合もあります。

人によって行う手続きが微妙に違うのでぶっちゃけハローワークへ行ったほうがいいです。いろいろ教えてくれるのでわからないことは遠慮なく聞きましょう。専門でやっているので詳しく教えてくれますよ。

 

ちなみに、自己都合退職の人は失業保険がもらえるのは申請をしてから約3ヶ月後です。

会社都合と違って、自己都合退職の人は失業保険は、この「離職票と印鑑をもってハローワークにいって申請をして初めて退職したことが認められ、失業保険の手続きが開始されます。

ぼくのように勝手に退職から3ヶ月後だと思っていると、痛い目をみます。

退職して三ヶ月後にハローワークへ行く→申請してもらう→3ヶ月後に失業保険がもらえる。で、結局半年後から失業保険をもらいました。

年金控除の申請|年金手帳と印鑑を年金事務所へ行く

年金も詳しいことはわかりませんが、収入がないと年金支払いを免除してもらったり、延期させてくれます。

ただし、退職した年は支払う必要があります。

こちらも人の状況によって変わるので、詳しいことも年金事務所で聞いたほうがいいですね。もしかしら免除してもらえるかもしれません。

 

▼年金について参考になるサイト

http://www.nenkin.go.jp/

任意継続か国民健康保険へ切替えるか選択する

ぼくの場合は、会社のほうで手続きをしてもらいました。

会社で加入している保険なので退職するときは解除しないといけないんですが、1年~2年なら継続加入することができます。

任意継続するなら退職してから20日以内に継続手続きをしないといけないのでなるべくはやく決めましょう。

 

▼国民健康保険について参考になるサイト

https://5kuho.com/

確定拠出型年金を確認する

こちらは会社によって「確定拠出型年金」を実施しているかによって変わります。

年金とは別に余分にお金を預けて資産運用してもらうものです。本来なら既定の年齢(60~70歳)にならないと引き出せません。

ですが、条件を満たせば既定の年齢じゃなくても引き出せます。

もしもお金に困りそうなら引き出せるか確認してみるといいです。

 

▼確定拠出型年金について参考になるサイト

https://www.resona-tb.co.jp/401k/begin/about/

さいごに

今回の記事で解説した「退職したあとにするべきこと」を一通りすれば基本的な手続きは終わります。

これだけしておけば、半年くらいは好きなように生活できます。

フリーランスや個人で稼ぎたい人は、この半年の間にひたすら勉強やインプットをして、半年後には稼げるようになっておけるといいですね。

あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。