仕事

退職して気づいた会社員のメリット・デメリットを解説【実経験】

会社員のメリット・デメリット

こんにちは、ぼくは以前までとある一部上場企業の会社で会社員、いわゆるサラリーマンとして働いていました。まあ、サラリーマンといっても工場系だったので、スーツとかではなく作業着で仕事をしていましたが。

とりあえず退職して1年半がたって、いまはフリーで仕事をしています。会社にいるときは、まったく会社員のメリットを考えたことがありませんでしたし、そんなに変わらないだろうと思ってました。

でも、実際に会社を辞めてから、意外と会社員には会社員のメリットがあるんだなと感じました。

簡単に言うなら、「色んなことを会社がやってくれていて楽に生活できていた」ってことです。

「…なにが?」って思ったあなたはぼくと同じです。安心してください、記事を読めばなんのことか理解できます。

これから転職しないで、とりあえず会社を辞めようと思っていたり、自営業でやっていくつもりの人は、この記事を読んで情報として知っておいたほうが困らないです。

いま思いつくだけでこれだけ会社員のメリットがあります。

会社員のメリット

  1. 信用度
  2. 税金関係
  3. 福利厚生
  4. 安定
  5. スキル

ざっとこれくらい。反対にデメリットはこんな感じです。

会社員のデメリット

  1. 会社に縛られる
  2. 会社が倒産するリスク
  3. 収入がほとんど変わらない
  4. 人間関係が選べない

会社員のメリット・デメリットを経験をもとに解説します。

ぼくが感じるメリット・デメリットなので、人によっては気にしない人もいるかもしれません。はっきりと言えることは、フリーランス(個人)として働いているいまのほうが気に入っているので会社を辞めてよかったです。

会社員の5つのメリット

会社員でいる5つのメリット

  1. 信用度
  2. 税金関係
  3. 福利厚生
  4. 安定
  5. スキル

社会的に会社を担保に信用される

会社員でいる大きなメリットが「社会的な信用度」です。

ぼくは安定している会社なんてないと思っていますが、まだまだ会社の信用力はすごいです。

  1. ローンが簡単に組めてお金が借りれる
  2. クレジットカードが簡単に作れる

この2つは会社員を辞めてかなり実感しました。ぼくがまだ会社にいるときに同期は24歳で家と車をローンで購入してました。一部上場企業だったのと土地もそこまで高いわけじゃないのもありますが、それでも24歳で1000万円以上のお金はなかなか借りれないと思います。

ぼくは、家を建てる予定も相手もまだまだいないのでぼくにはメリットにはならないと感じて辞めました。

もし、不動産投資を考えている人は、会社員という立場をフル活用するといいです。ぼくも不動産投資を考えていましたが、内見する場所や知識を身に付けることに時間を使うより、いまは他のことに時間を使ったほうが効率がいいなと思い、不動産投資は諦めました。

ただし、クレジットカードも安定した収入がないと作れないことが多いので、辞める前にあらかじめ必要なクレジットカードを作っておくといいです。

税金の計算から支払いまですべてやってくれる

生活しているだけでさまざまな税金がかかっていることはみんな知っていると思います。でも、どんな種類の税金があって、どれだけ金額を払っているのかまでは知らない人も多いはず。ぼくがそうでした。

主な税金としてこれだけの種類の税金を支払う必要があります。

  • 健康保険料

病気やケガなどの治療にかかる費用が抑えられる。歯医者なども。

  • 国民年金

定年後に支払った分より多くもらえるように支払う。

  • 住民税

収入に応じて、税金がかかる。

  • 所得税

収入に応じて、税金がかかる。

これらの払うべき税金をそれぞれ計算して支払ってくれて、給料がもらえています。会社の規模に関わらず、ほとんどの会社がそうだと思います。

会社員以外の場合は…

国民年金や健康保険は金額がある程度決まっているので、指定された分を支払うか口座振替にすることができるので手間はそこまでかかりません。

住民税や所得税などの収入に応じて変わる税金は、自分で計算して支払う必要があります。

健康診断や交通費などが補助される

会社員だと決まった月に健康診断があったり、通勤までの交通費が支給されたり、家賃手当などが無料で補助してもらえます。

フリーランス(自営業)は、すべて自費でしなければいけません。経費を使えばいいのですが、結局は自分のお金なので得をしているわけではありません。

与えられた仕事をするだけで安定したお金がもらえる

当然のことですが、会社員は決まった時間に会社にきて、決まった時間まで働けば決まった金額がもらえます。歩合給の人もいるでしょうが、ある程度は決まった金額がもらえますよね。

たとえ、サボっても風邪で休んだりしても給料がもらえます。(ぶっちゃけぼくも会社員時代は、トイレで寝ていたりひまなときは話していたりしてました)それでも与えられた仕事を最低限していれば給料がもらえます。

だから、サボった人も頑張っている人も同じ分しかもらえません。長期的に見れば、昇給や昇進があるので変わってくるかもしれませんが…

何十年先のことなんて考えられずに、サボっても頑張っても同じ給料という環境がぼくには嫌でした。どちらかと言えばサボっていた人間が言うことじゃないかもしれませんが、ぼくもサボりたくてサボっていたわけではありません。

サボっても頑張っても同じならサボりたいと思うのが人間です。少なくともぼくはそういうタイプでした。

ただ、サボっているときって自分になんのタメにもならなくて、その時間がすごくもったいなく感じて。そういう環境が嫌でぼくの場合は辞めました。

フリーランス(自営業)は、自分が頑張ったら頑張った分だけのお金が絶対得られるわけではありません。ですが、頑張らないと収入を得ることができないので、自分がどれだけ仕事をするかで収入が変わります。結果がついてこないときもあるし、反対に会社員のときより働いていないのに、会社員のときより収入が多いときもあります。

なので、ダラダラ生きたい人は辞めないほうがいいでしょう。

給料としてお金がもらえるのにスキルアップにつながる

ぼくの場合は、工場関係の会社に入りたくて入ったわけではないので、自分が身に付けたいスキルとは違いました。ですが、一応働いていたのである程度のスキルは身に付きました。エアコンくらいなら自分で付けれるし、モーターとかも交換修理や配線修理もできます。このスキルが他のことで生かせるのかと言われたらわかりません。だから辞めたのですが…笑

ただ、コンセントを直したり、ブレーカー点検したり日常生活で使えることもあります、たまに。そのスキルは働いて給料をもらっていたのに、教えてもらって身に付けたし、資格も取ったりしました。

普通ならお金を払って知るようなスキルや知識が会社員なら働きながらスキルを身に付けることができるので給料もらえて一石二鳥。ぼくの場合は、自分がまったくやりたくない仕事だったので他ではなかなか生かせません。

あなたの会社の仕事ではどうでしょうか?

事務や会計関係だったらエクセルなどのOfficeソフトの使い方や簿記計算とか

デザインや広告関係ならマーケティングやデザインソフトなどの使い方とか

Web関連の事業ならサイトデザインやSEOだったり。

上記にあげた例は、すべてぼくがお金を出してでも学びたいようなことです。実際に合格して就職できるかは別として、学ぶためだけに就職しようかなとも考えているくらいです。タダで知りたい知識やスキルが身に付けられる。

もし、あなたがやりたい仕事だったり将来的に生かせる仕事なら、会社を上手く活用するといいでしょう。そうではなくて、ぼくのようにやりたい仕事でもなく、将来的にもイメージしていることとはズレている場合は早く辞めたほうがいいです。

会社員のデメリット

会社員のデメリット

  1. 会社に縛られる
  2. 会社が倒産するリスク
  3. 収入がほとんど変わらない
  4. 人間関係が選べない

会社に縛られる生活

  • 毎日決まった時間に会社に行かなければいけない
  • 好きな時間に帰れない

当たり前のことですよね、会社員なのでしょうがないことです。それでもぼくにとってはストレスでした。朝起きるのがもともと苦手だし、遊ぶ予定があっても先輩たちが帰らないからなかなか言いづらい。その結果、何度も寝坊して遅刻したり、女の子と遊ぶ予定がなくなってそのまま疎遠になってしまうこともありました…

そういう状況がこれから何十年先も続くのが耐えられないと思いませんでした。

会社が倒産するリスク

ぼくは一部上場企業に働いていましたが、どうしても会社が倒産するリスクが考えられます。大手企業なら安心できるかと言えばそうではないです。2016年にはパナソニックの関連会社のパナソニックプラズマディスプレイ(株)が倒産したのは大きなニュースになりました。

いままでのデータとしては、一部上場企業の倒産率はかなり低いです。

でも、人工知能や自動化などこれから色んな技術が進歩していく中で、どうしても必要がなくなってくる業態があるのが現実です。災害が起きても倒産するリスクは大幅に上がります。もしも、会社が急に倒産したときになにもできない。

あなたの会社がいま倒産したら、他の会社や仕事でも生かせたり、自分で稼いでいける自信はありますか?ちなみに、ぼくはありませんでした。

だから、いまのうちに自分で稼げるようになっておこうと思ってとりあえず辞めちゃいました。

収入がほとんど変わらない

会社員のメリットに与えられた仕事をしていれば、安定して給料がもらえると言いましたが、悪く言うとどれだけ頑張っても給料がほとんど変わらないということです。

だいたい1年に1回、5000円くらいの昇給じゃないでしょうか?

1年間頑張って月に+5000円…年間で計算しても10万円いかないくらい。

コスパ悪すぎる!!!

それなら自分で増やすために頑張ったほうが効率がいいです。収入を増やす方法はさまざまあります。ぼくがブログを選択したように自分のスキルや性格にあったものを見つけるか選ぶといいです。

人間関係を気にする必要がある

どうしても会社にいると人との付き合いがあります。気の合う人もいれば、苦手な人も絶対にいます。でも、会社なので自分が苦手だとしても離れることはできませんよね。

会社に縛られる上に他人にも気を遣わなければいけないのはかなりストレスがかかるんじゃないでしょうか。ぼくがいた職場は割と仲良くやっていたので大丈夫でした。

まとめ|会社員のメリット・デメリット

会社員を辞めたぼくが考える会社員のメリット・デメリットを解説しました。

ぼくは、会社を辞めるまでメリットを考えたことはなかったですが、会社員でいるメリットを知っていても、辞める決断をしてます。

メリットの大小は人それぞれあると思いますが、会社員としてのメリットかその会社にいるメリットなのかをよく考えてみてください。特にメリットを感じられないなら辞めたほうがいいです。

会社を辞める前に1つだけアドバイスとしてクレジットカードだけはいくつか作っておいたほうがいいです。

こちらの記事に会社員のあいだにやっておいたほうがいいことをまとめています。

退職した人がやること&会社員のうちにしておくといいことをアドバイス!【要点だけ教えます】
退職した人がやること&会社員のうちにしておくといいこと【要点だけ教えます】 1年半前に退職を経験しているニート歴1年半のシロハヤ(@shirohaya10)がお答えします。 退職してすでに1年半経つ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。