仕事

「20代で無職でもなんとかなる」1年半ニート続けてわかった10のこと。彼女もできる。

20代で無職でもなんとかなる?1年半ニートになってわかった10個のこと
シロハヤ
シロハヤ

はじめまして、無職歴が1年半を経過したシロハヤ(@shirohaya10)です。

今回は無職になってわかったことをまとめてみました。

そしたらちょうど10個くらいになったので記事を書くことにしました。

無職(ニート)になってわかった10個のこと

実家暮らし最強!親に感謝。

とりあえず実家最強。親に感謝。必ず恩返し。

実家はとにかくお金がかかりません。

実質、家賃・光熱費・食費がすべてタダ。さらに、洗濯・食事まで…やってくれる。

まあ、ぼくの場合は気持ち程度だけ親にお金を渡しています。

とりあえず友達になにしてるか聞かれる

この年になると結婚式とかに呼ばれるので、久しぶりに友達に会うことが多くなります。

そのときに「いまなにしてるの?」ってほぼ100%聞かれる。

まあ、ぼくの場合はいつも決まっていて自信を持って「ニート!」って言います。

それと、ちょいちょい会う友達にも「いつもなにしてるの?」って聞かれるんですが、アフィリエイトとか言っても「?」ってなるんで「ゴロゴロしてる」って言ってます。

仕事を選ばなかったら職はたくさんある

ハローワークに行って、求人票をみたときに思ったんですが、仕事を選ばなければめちゃめちゃ職あるなって。

普通に生きていくことにはたぶん困りません。餓死とかしない。

体調を崩したり、ケガをしたらヤバイですが…会社員でも同じことだと思います。ある程度は会社がケガをしているあいだは保証してくれると思いますが、ずっとはほぼ無理。

そういう点では、会社だけに頼っているほうが危険だと思ってます。

パソコンだけで生活費程度の収入を得られるようになれば、もしも事故で歩けなくなったとしても困ることはありません。

それとありがたいことに、ぼくが無職だと知った知り合いから「働かない?」という声をかけてくれた人も何人かいました。人手不足なところは多いんですよね。

ありがたいけどお断りさせてもらって、本当に困ったときはお願いしようかなと思ってます。

ニートいじりが鉄板でウケる

ぼくが無職だと知っている人は、よくニートいじりをしてくれます。

まあウケます。鉄板で。

「この日空いてる?」って聞かれて「ごめん、ちょっと仕事か確認するわ。…お、たまたま空いてる!」とか。

「明日仕事?」「いや、この前GW終わって、いまは夏季休暇中。」とか。

とりあえずウケる。でも、マジで仕事が忙しくて辞めたい人にはイラつかせてんだろうなって思います。それか、なんでこいつ無職なのにこんな明るいんだって思われてます。

服とか美容院行ったときに説明するのがめんどくさい

みんなも一度は経験があると思いますが…

服を見ているときや美容院に行ったときに「今日は仕事休みですかー?」って当たり障りのない会話。

基本的にいつでも休みである無職は平日に行動することが多いです。なので、だいたい空いてます。で、忙しくないから店員さんがよく話しかけてくる…。

だからすべて説明するのもめんどくさいし、嘘つくのもなんか嫌だし、結局あえて土日にお店に行ったりすることもある。

案外無職でも気にしない女子はいる

無職って社会的にヤバイですよね。

ぼくも自分が無職になるまでは無職とかやべえと思ってました。女の子からも引かれるだろって。

でもね、実際に無職になってわかったことがひとつだけあります。

女の子は職業なんてほとんど気にしてない。

これ本質です。

簡単な質問ですが女の子はどちらの男性のほうがいいと思うでしょうか?

  1. 無職と言ってるけど奢ってくれる。
  2. 会社員らしいが全く奢ってくれない。

女の子からしたら社会人で奢ってくれない人と無職でも奢ってくれる人どちらがいいでしょうか?しかも、相手が無職か定職者か判断することは難しいですよね。

ぼくは女の子とご飯にいったときにたいてい奢るので①です。(お金を出してくれる子がいたらちょっとはもらいます。)

で、ぼくが無職でも奢るので女の子からしたら「無職でお金ないはずなのに奢ってくれるってどういうこと…てか、25歳で無職って普通にありえないでしょ。絶対なんかやってる人だよ…」って感じでミステリアスな男になってます。

だから勝手に魅力がアップして、むしろ無職のほうが会社員のころより女の子から好意をもたれることが多い気がします。

まあ、ステータスによっては態度が一変する子もいるのは事実です。ハイスペック男子は全面に押し出した方がモテる層も一定数います。

ただ、普通の会社員だったら無職とほぼ同じだと思ってます。

運動しなさすぎて身体を動かしたくなる

以前まではバリバリ身体を動かす仕事だったので、仕事終わりに運動なんてしたくなかったし、休みの日に走るとか考えたこともなかったです。

会社内のフットサルには参加してました。スポーツは好きだったので。

ですが、無職になってパソコンばかり触っているので、半年を過ぎたころから身体に異変を感じ始めました。

なんか身体がだるい…。そして身体に力が入らない。

完全な運動不足でした。

と、同時に身体を動かすためにランニングするようになりました。そしたら身体もスッキリ。いまでは、身体を動かしたくてしょうがない…

規則正しい生活にしようとする

好きな時間に起きて寝てを繰り返すこと1年…

夜更かししたり、自由でよかったんですが。1日だらけてしまい生産効率が落ちてしまうようになってきたんですよね。

だから、生産効率を上げるためにも決まった時間に寝て起きるように、いま改善している途中です。

会社で働いているときは、決まった時間に起きたりするのがストレスでしたが、そのころと違うのは遅刻がないこと。ある程度は、自分で決められます。

会社員のころは、8時20分には着かないと絶対ダメ!って感じでした。

いまは寝る時間に合わせて8時20分ごろに起きようとか、9時に起きようとかある程度は自分で決めることができます。これでかなりストレスは軽減されてます。

ずっと家にいるので身だしなみを気にしなくていいから楽

無職なので予定がないとき以外は家にいます。

だから、身だしなみを気にする必要もなく作業にだけ集中することができる。身だしなみを整えるという時間をすべて自由に使える。

時間を自由に使えるのはとてもいい

とにかくなににも縛られていないので、楽です。

ストレスフリーです。

唯一のストレスは、このまま収入<支出の状態が続いてお金が無くなること。これが収入>支出になったときにはどうなるのか…楽しみです。

はやくセミリタイアして本物のニートになりたい

無職になってわかったことをまとめてみました。

ニートといっても、いまはこうして記事を書いたりしているし、いろんな作業をしているので本物のニートになれるようにがんばろうと思います。

あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。