おすすめの製品

【比較】ジェットウォッシャー愛用者がおすすめと選び方を紹介!自分に合った口腔洗浄器を選ぼう。

【徹底比較】ジェットウォッシャー愛用者が教える選び方のコツとおすすめ紹介!

本記事を読めば、自分に合ったジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を知ることができます。

ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を購入して、失敗しないようにぜひ参考にしてください!

本記事の内容

  • ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)の選び方
  • ジェットウォッシャー・ドルツシリーズの比較表
  • 用途別でジェットウォッシャー(口腔洗浄器)の比較表
  • おすすめのジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を紹介

ぼくがジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を使う前は、歯磨きをするたびに血が出たり、口臭も気になっていました。

ですが、ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を使って口内の悩みがすべて解決しました。

マジでジェットウォッシャー(口腔洗浄器)は最高なのでお口に関することで悩んでいる人は買ったほうががいいですよ。

ということで、ジェットウォッシャーに詳しくない人のために選び方からおすすめまで紹介していきます。

 

ちなみに、ジェットウォッシャーも口腔洗浄器もウォーターピックもマウスウォッシャーも呼び方が違うだけで同じです。なので、本記事ではジェットウォッシャー(口腔洗浄器)という表記で紹介します。

ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)の選び方とは?5つのポイントを紹介!

ジェットウォッシャーを購入するときに、比較するといいポイントが以下の通りです。

  1. 容量
  2. 料金
  3. 最大水圧
  4. 振動数
  5. 電源タイプ

上記の5つの項目に気を付けて購入すれば失敗しません。

①容量(一度に水を入れられる量)|150mlはぶっちゃけ少ない

ジェットウォッシャーの容量

容量は、タンクに水が入れられる量です。

水が無くなったら、水を入れて使えばいいのですが、容量が少ないと何度も入れないといけないのでめんどくさいです。

自分の使いたい用途によって、変わるのではじめに書いておきました。

ジェットウォッシャーには、主に以下の2種類のタイプがあります。

  • 容量が150ml~300ml前後のハンディタイプ
  • 容量が600ml以上の大容量タイプ

それぞれメリットと用途を書いたので、自分の環境に合ったほうを選ぶといです。

150ml~300ml前後のハンディタイプ

ハンディタイプのよいところとポイントはこんな感じです。

  • 持ち運べるくらいの大きさなので旅行先でも使える。
  • お風呂場でも使いやすい。
  • 乾電池式と充電式がある。

ただ、ぶっちゃけ150ml前後だと少ないです。

普通に歯の表側だけ一通り洗浄しても300mlくらいは使います。なので、ハンディタイプの場合だと一度の洗浄で水を入れる動作が2回は必要でしょう。(はじめの1回ともう1回)

ジェットウォッシャーで洗浄することに慣れてきたら、250mlくらいあればちょうどいいくらいにはなりそうですね。

旅行先で使いたい人やよく外出する人には、ハンディタイプは持ち運びやすいのでオススメです。

600ml以上の大容量タイプ

大容量タイプのよいところはこんな感じです。

  • 水を何度も入れなくて良いので手間が増えなくて楽。
  • ノズルの予備がほぼ付いてるので、家族や友人も使える。
  • ワイヤレス式ではないので、お風呂場では使いにくい。

容量が600mlくらいあれば、水を入れることなく洗浄できるのでめんどくさくありません。家でしか使わないならこちらの大容量タイプがおすすめですね。

しかも、どこのメーカーも大容量タイプは予備ノズルが付いています。なので、1台あればノズルを変えて、自分以外に家族や友人なども使うことができます。

ほとんどがワイヤレス式ではないので、コンセントに繋いだ状態使えません。一応ノズルは伸びるようになってますが、1mくらいの長さしかないので、お風呂場で使えなくもないですが使いづらいです。

なので、ぼくは洗面所で使っています。気をつけて使用すれば、水が飛び散って洗面所が水浸しになることはないので大丈夫です。

②料金|1台あたり4000円~1万円くらい

ジェットウォッシャーの平均的な値段は、150ml前後のハンディタイプや600ml以上の大容量タイプも4000円~1万円以下で購入できます。

3000円以下の製品は、聞いたことも見たこともないメーカーばかりだったので購入するのを辞めておきました。初期不良トラブルなどが怖いので。なので、本記事の比較表にも載せていません。

初期不良などのトラブルが嫌な人は、3000円以下のジェットウォッシャーは購入しないほうがいいと思います。

ジェットウォッシャーと言えばパナソニック社のジェットウォッシャードルツシリーズが有名なので、一番レビューが多いので安心して購入することができます。ハズレも少ないでしょう。

③最大水圧|強いほうが汚れも落ちやすい

ジェットウォッシャーの水圧

性能として、いちばん大事なのが水圧です。

水圧が弱かったらただのうがいとたぶん変わりません。

まあ、ほとんどの製品がある程度洗浄できるくらいの水圧が出るように設計されているので大丈夫なはずです。

ジェットウォッシャー製品の平均的な最大水圧は650kPa前後あります。

それでも、水圧が高いほうが洗浄力が高くなるのは間違いないです。

④振動数|体感では差はわからないけど強いほうが良い

ジェットウォッシャーは、ただ水を噴射するわけではなく水を振動させることにより、汚れをさらに落としやすいようにしています。

最大水圧と同じように振動数が高いほうがいいと思いますが、ぶっちゃけ振動数でそんなに変わるのかはわからないので、そこまで気にしてません。

⑤電源タイプ|海外で使用する予定がなければ気にしなくていい

ジェットウォッシャーの電圧

電源タイプは、100Vしか使えない製品と100-240Vと海外でも使える製品があります。海外で使う予定がない人はぶっちゃけ気にしなくていいです。

100V→日本と限られた国でのみ使用可

100-240V→日本・海外で使用可

パナソニック社ジェットウォッシャードルツ比較表

ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)といえば、パナソニック製のジェットウォッシャードルツシリーズが有名です。なので、ジェットウォッシャードルツシリーズのみの比較表を下記に作りました。

スペック/商品名

EW-DJ10-W

EW-DJ51-A

EW-DJ61-W

EW-DJ71-W

最大水圧約647kPa約580kPa約580kPa約647kPa
最大振動数約1900回約1600回約1600回約1900回
容量約165ml約130ml約600ml約600ml
電源単三型乾電池充電式(AC100-240V)AC100VAC100-240V

現段階では、4つの製品が販売されています。(2018年7月末時点)

それぞれ、詳しく表の左から順番に紹介していきます。

ジェットウォッシャードルツ  EW-DJ10-W

ジェットウォッシャードルツシリーズと言えばこれ!

Amazonでベストセラー1位になっている商品ですね。ジェットウォッシャードルツシリーズの中で一番安く、電源は乾電池なので持ち運びにも便利です。

ノズル部分を収納することもできるので、コンパクトになるのもポイントですね。

ジェットウォッシャードルツ EW-DJ51-A

こちらは、ワイヤレス充電式のタイプ。

防水でコードレスなのでお風呂でも使うことができます。お風呂でブワーっと気にせず使いたい人はこれがおすすめです。

ジェットウォッシャードルツ EW-DJ61-W

ドルツシリーズの大容量タイプ。

家族や複数で使いたい人や水を補充する手間がめんどくさい人におすすめです。上記の2つのモデルだと、一度補充して2回分使わないと全体を掃除するのが難しい。大容量タイプなら水を補充しないで一度で掃除できるので楽です。

最新のジェットウォッシャードルツ EW-DJ71-W

ジェットウォッシャードルツシリーズの最新シリーズです。

こちらは、上記の大容量タイプに加え「超音波機能」「水圧10段階調節」が追加されました。なので、いままでよりパワフルに、細かい水圧の調整が可能になりました。

自分にちょうどいい水圧で口内を洗浄できます。

ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を容量別で選ぶ

ジェットウォッシャードルツシリーズと他の製品でも比較した表を作りました。

ハンディタイプと大容量タイプでそれぞれ作ったので参考になれば幸いです。

持ち運びが便利なハンディタイプのジェットウォッシャーの比較表

メーカー名/スペック容量水圧振動数使用時間
ドルツ(白) EW-DJ10-W約165ml約647kPa約1900回単三型乾電池 20分
ドルツ(青) EW-DJ51-A約130ml約580kPa約1600回約15分(AC100-240V)
Ovonni約200ml約689kPa約1800回表記なし USB充電

Poshions

約220ml約848kPa約1600回約40分 USB充電
Homitt約330ml表記なし約1400回2週間(AC100-240V)
Poshions 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー 220ML IPX7防水 USB充電式
Poshions

600ml以上の大容量ジェットウォッシャーの比較表

メーカー名/スペック容量水圧振動数電源
ドルツ EW-DJ61-W約600ml約580kPa約1600回AC100V
ドルツ EW-DJ71-W約600ml約647kPa約1900回AC100-240V
Ovonni約600ml約758kPa約1700回AC100-240V

Vividay

約600ml

約862kPa約1700回AC100-240V

VIVREAL

約1000ml約758kPa約1200回表記無

アイリスオーヤマ

約1600ml約620kpa約1400回AC100-240V

ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を目的別でおすすめ紹介!

愛用中!Ovonni社の大容量ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)

こちらはぼくが愛用しているジェットウォッシャーです。

購入した理由は、ジェットウォッシャードルツに比べて水圧が高い&値段も安い。

さらに、Ovonni社はメイク用品で有名で安心できるので購入しました。見た目も黒で統一されていて、ジェットウォッシャーの中でナンバーワンくらいのおしゃれ度です。

ジェットウォッシャー購入レビュー!お口に効果抜群すぎてヤバいです。
【レビュー】ovonniの口腔洗浄器は歯茎に効果抜群でヤバい!しかもおしゃれ。本記事では、ovooniの口腔洗浄器(ジェットウォッシャー)を購入したので詳しくレビューします。 最近、ジェットウォッシャーという...

まずはジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を使ってみたい人におすすめしたいパナソニック製ドルツシリーズ

ジェットウォッシャーといえば、パナソニック社のドルツシリーズです。その中でも最新のジェットウォッシャーはかなり評判がよいです。初期不良などの心配も少ないと思うので、ケチって失敗したくない人には、オススメです。

こちらもジェットウォッシャードルツシリーズです。

ハンディタイプなので、お風呂場でも使えます。乾電池式なので旅行先でも使えるし、ワイヤレスと違って充電しなくてよいので、電池さえあればいつでも使うことができるのでオススメです。

自分に合ったジェットウォッシャー(口腔洗浄器)を購入して歯を健康に保とう!

ジェットウォッシャーを購入したついでに比較をしてみました。

自分の生活スタイルに合ったジェットウォッシャーを購入しましょう!

 

実際に使用したレビューも書いたので、ジェットウォッシャーについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事(参考|【レビュー】Ovonni製ジェットウォッシャーがお口に効果抜群すぎてヤバい。)を見てください。

ジェットウォッシャー購入レビュー!お口に効果抜群すぎてヤバいです。
【レビュー】ovonniの口腔洗浄器は歯茎に効果抜群でヤバい!しかもおしゃれ。本記事では、ovooniの口腔洗浄器(ジェットウォッシャー)を購入したので詳しくレビューします。 最近、ジェットウォッシャーという...
だれでもAmazonでお得に買い物ができる方法を教えます。
Amazonチャージで買い物をお得にする

知っていましたか?

Amazonでの買い物は、「Amazonチャージ」を利用するのがとてもお得!現金でチャージをするだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元される。

Amazonで買い物をするなら利用しないのはもったいない!しかも、Amazonチャージならクレジットカード決済でしか購入できないようなコンテンツも購入することが可能!

▼詳しくはこちら

公式サイトでAmazonチャージを利用する

あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。