映画鑑賞

【ネタバレ無し感想】「カメラを止めるな!」はただのワンカットゾンビ映画じゃない!伏線回収がヤバい、それ以上はなにも言えません。

【ネタバレ無し感想】「カメラを止めるな!」はただのワンカットゾンビ映画じゃない!伏線回収がヤバい、それ以上はなにも言えません。

見る前は安っぽい映画の感じがして、とても見る気が起きなかったんですよね。見るきっかけとしては、芸能人や関係者が「面白い!傑作!」という声がたくさんあったからです。

ということで映画「カメラを止めるな!」を見に行ってきました。

ネタバレ無しの感想なので、まだ見てない人でも最後まで本記事を見ることができます。

さらに、見るときの注意点も書いてるので参考にしてください。

映画「カメラを止めるな!」はだれにおすすめの映画?

家族・友達・カップル、だれと見に行っても楽しめる映画です。

ゾンビ映画っぽい感じですが、女の子が「きゃあ~、こわーい♡」って言いながら腕を掴んでくるような映画ではないので注意です。

ただ、思わず腕をつかみたくなるようなシーンはちょっとあります。

映画「カメラを止めるな!」まとめ

映画「カメラを止めるな!」のあらすじ

あらすじは知る必要なし。

37分間のワンカットゾンビ映画がある。ただし、きちんと見ておかないともったいない。

映画「カメラを止めるな!」出演者(キャスト)一覧

  • 日暮隆之 役 → 濱津隆
  • 日暮真央 役 → 真魚(幼少期役→左右田陽菜)
  • 日暮晴美 役 → しゅはまはるみ
  • 松本逢花 役 → 秋山ゆずき
  • 神谷和明 役 → 長屋和彰
  • 細田学 役 → 細井学
  • 山ノ内洋 役 → 市原洋
  • 山越俊助 役 → 山﨑俊太郎
  • 古沢真一郎 役 → 大沢真一郎
  • 笹原芳子 役 → 竹原芳子
  • 吉野美紀 役 → 吉田美紀
  • 栗原綾奈 役 → 合田純奈
  • 松浦早希 役 →浅森咲希奈
  • 谷口智和 役 →山口友和
  • 藤丸拓哉 役 →藤村拓矢
  • 黒岡大吾 役 →イワゴウサトシ
  • 相田舞演 役 →高橋恭子
  • 温水栞演 役 →生見司織
  • 曽我真臣(曽我大)

おそらく無名の役者ばかりです。ぼくは見たことありません。

役者について知りたい人は公式サイトを見るといいです。

映画「カメラを止めるな!」ネタバレ無し感想

はじめは、監督の自己満オナニー映画かと思った。「芸能人の誇大広告にやられたな…」って考えながら途中で帰ろうかなとも思ったりもした。

カメラを止めるなってタイトルとチープな感じでワンカット映画なのかなとは思っていて、案の定ワンカット映画が始まります。

こんなシーンいらないだろってくらいの無駄な尺や演出、展開。

ほんとに途中で帰ろうかとも思った。

ぼくは見ながらもなんでこういう演出なんだろうと考えちゃうタイプの人間なので、ほんとに不思議でしかないシーンがたくさんあったんですよね。

マジで自己満映画だなって。ワンカットで映画作って、ただそれを芸能人たちが「すごい!傑作!」って盛り上げてるだけなんだなって。

このまま映画が続くなら、本気で帰りたい…

って思ってたら、ワンカット映画が終わったんですよ。

なにも知らないで見に行ったので、ワンカット映画が37分あるって知らなかったんですよね。

で、ワンカット映画が終わったら、もう帰れません。

伏線回収オンパレード。

無駄な演出も無駄なシーンもすべて無駄じゃない。そして、どこまでが映画でドキュメンタリーなのかわからない。ワンカット映画だから、余計に気になる。

ワンカット映画が終わってからの1時間はあっという間。

いままでこんな映画は見たことない。普通におもしろい。

 

一言加えるなら、みんなが絶賛するように「感動」とか「傑作」とは思わない。さすがに誇大アピールしすぎ。

なので、本音を言えるぼくが言うならば、普通に面白い。

「感動をありがとう」とかまで言わないけど、楽しい映画をありがとうと言いたい。そんな映画でした。

総括、カメラを止めるなを見に行って良かった。

映画「カメラを止めるな!」を見るときの注意点

映画を見るのが好きな人や色々考えたりする人は、はじめは楽しくないかもしれません。

たぶん細かいところが気になる人は、ところどころ「?」ってなるシーンが多いと思います。ぼくもそうでした。

でも、きちんと最初から見ておいて欲しい。あくびをせずに「このシーンいる?」って思うところはたくさんあっていい。むしろ、たくさん見つけてほしい。

すべて無駄じゃないから。

この映画は二度始めるの意味を理解できる。

とにかくはじめから見逃さずに見てほしいです。

まとめ

とても楽しめる映画でした。

とにかく最初から最後まで無駄がない。ぜひ、一度は見てほしい映画でしたね。

この記事を書いた人
シロハヤ
シロハヤ
朝起きるのがつらすぎて一部上場企業を退職。無職時代をなんとか乗り越えてからは自堕落な生活に…… ヒモ体質な自分を変えるために現在はWebライターとして活動中。 時間と場所に縛られないライフスタイルをモットーに発信しています。 詳しいプロフィールはこちら
\ SHARE HAPPY /
この記事もよく読まれてる٩(ˊᗜˋ*)و

感想やご質問はお気軽に٩( ᐛ )و

メールアドレスが公開されることはありません。