ライフハック

5年続けたパチンコをやめられたきっかけと理由【脱却方法は3つ】

パチンコ・パチスロを辞めたいと思っているけど、なかなか辞めることができない。どうしても暇な時間があったりするとパチンコ・パチスロをしてしまう。勝ったら辞めようと思っても負けてしまったりして抜け出せない。どうやって抜け出せばいいのかわからない。

本記事では、そんな悩みにお答えします。

ぼくも以前は、パチンコ・パチスロにハマっており総額で100万円以上は負けたと思いますがいまはきっぱりやめています。

この記事を読めばパチンコ・パチスロから抜け出すことができます。

「別にパチンコ・パチスロを辞めるつもりなんてない!」って人は見なくてもいいです。

はじめに言っておくと、パチンコ・パチスロで将来も稼ぐ気がない人やいま安定してパチンコ・パチスロで稼げていないという人こそはやくやめたほうがいいです。

どうせぼくみたいに下記のような理由でパチンコ・パチスロをやってるだろうから、そんな人はいますぐやめろ。

  • 他にやることがなくてひまだから。
  • 楽して稼げるから。
  • 他にお金を稼げる方法を知らないから。

ぼくは18歳からパチンコ・パチスロにハマって、1日で10万円負けたりすることもあったり、20万円くらい勝つこともありました。

18歳から社会人として働いていたことやなんとか勝ったり負けたりを繰り返していたので借金まではしていませんが、休みの日はとりあえずパチンコ・パチスロに行ってましたね。

はじめに言ったように、勝ったり負けたりしていても恐らく総額で100万円以上は負けています。余裕で負けてますね、はい。

恐らくもっと負けている人もいるでしょうし、まだそれほど負けてない人もいるかしれません。どれだけ負けていようがいますぐやめたほうがいいです。

18歳から始めたパチンコ・パチスロですが、結局22歳くらいでやめることができました。さきほども言ったようにトータルでは100万円以上負けているでしょうが、これくらいのうちに辞めることができてよかったです。

ということでぼくがパチンコ・パチスロを辞めることができた理由と解決策を紹介します。

パチンコ・パチスロをやめたいと思ってもやめらなかった原因

パチンコ・パチスロを辞めることができた理由を教える前に、ぼくがパチンコ・パチスロをやっていた理由を教えておきます。ぼくと同じように当てはまる人は、かなり抜け出せる確率が高いです。

他にやることがなくてひまだから

パチンコ・パチスロにハマっていた一つ目の理由は、他にやることがなくてひまだから。

いま稼げていなくて、やめられない人はほとんどがこういう理由だと思います。

社会人なら「今日は仕事休みで、やることないからとりあえずパチンコでも行くか~」とか大学生だったら「夜までひまだしパチスロで飲み代でも浮かせたろ!」って感じじゃないですか?ぼくがそうでした。

やることがないからパチンコ・パチスロに行く→でも負ける→負けを取り返すために行く→負けるってゆう負のループにはまってましたね。

趣味がなかったわけではないですが、パチンコ・パチスロは当たると楽しいし、ついひまがあれば行ってしまいました。

お金が欲しいから

パチンコ・パチスロにハマっていた二つ目の理由は、お金が欲しいから。そのままですね。

やることがないという理由もありましたが、お金が欲しくてやっている人が多いと思います。ぼくも遊びたい盛りの年齢だったので、お金もGETできてひまもつぶせるパチンコ最高って感じでやってました。

まあ、お金と時間が取られて終わりましたが…。

あとで解説しますが、大学生でも社会人でもお金が欲しいなら、パチンコ・パチスロでお金をGETしようと思わずにもっと別の方法でお金を手に入れたほうが100%いいですよ。

楽して稼げると思っていたから

パチンコ・パチスロにハマっていた三つ目の理由は、楽して稼げると思っていたから。

パチンコは、お金を入れてハンドルを回して手で持っておくだけ。あとは、球が穴に入って当たるのを待つだけ。詳しい知識がなくても簡単に10万円とか20万円勝つことができます。たった1000円が10万円になることもあります。

ですが、安定して稼ぐことはなかなかできません。

負けるとお金がなくなるので、なるべく勝てるようにパチスロの雑誌を読んだりもしました。ただ、それだけでは安定して勝つことはできません。

パチプロは、毎日何店舗も回って、何百台と台のデータを前日から把握して、その中で期待値が高いものだけを選んで、はじめてスタートラインです。それいくらいしないと、安定して勝つことができません。

一度だけパチプロを目指そうとしましたが、普通に大変だなと思い諦めました。

パチンコ・パチスロ以外に自分でお金を稼ぐ方法を知らないから

パチンコ・パチスロにハマっていた四つ目の理由は、パチンコ・パチスロ以外に稼ぐ方法を知らないから。

ぼくがパチンコ・パチスロをやっていた理由の根本的な理由がこれですね。

お金はほしい!時間はある!副業でアルバイトを雇ってくれるところはなかなかないし、バイト大変だし…そうするとやることがない。パチンコ・パチスロなら両方できる!って感じでした。

副業といえばアルバイトしか知らないし、会社的に禁止だし身体的にもきつい。一度だけ居酒屋のバイトへ面接に行きましたが、週に1~2日では受かりませんでした。

だから楽して稼げそうなパチンコ・パチスロをやっていました。

パチンコ・パチスロから抜け出した大きな理由として、パチンコ・パチスロ以外で稼ぐ方法を知ったからです。

ということで、ここから本題であるパチンコ・パチスロから抜け出すことができた理由を解説していきます。

パチンコ・パチスロをやめることができたきっかけと理由

ぼくがパチンコ・パチスロを辞めることができた理由はこれです。

  1. パチンコ・パチスロは将来役に立たないと理解した
  2. パチンコ・パチスロ以外に自分で稼ぐ方法を知った
  3. 自分に投資するようにした

それぞれ解説していきます。

パチンコ・パチスロが将来的に役に立たないと完全に理解した

パチンコ・パチスロで生計を立てているようなパチプロと呼ばれる人は実際にいますが、自分が将来そうなりたいわけではありません。ちょっとお金が欲しいだけですからね。

若いときの時間を将来役に立たないことに時間をかけるのはもったいないと思うようになりました。

「将来は絶対パチプロになるんだ!!!」って人がいたら応援します。本気でやらないと負けるので覚悟してがんばってください。将来パチプロになる気もないし、いまも稼げていないならすぐにやめたほうがいいですね。

もしも、これから本気でやるつもりなら50万円だけ用意して始めましょう。それ以上は使わない。増やすことができなかったら努力が足りないか運がなかったということです。最低でも30万円くらいないなら辞めておいたほうがいいですね。

台を打つときは何故この台を打つのか。どうして負けたのか。どうして勝ったのか。をハッキリと言えるくらいのレベルまでやらないと安定して勝つことはできませんよ。

そんな感じでパチンコ・パチスロは将来に役に立たないことに22歳にして気付き、それよりも将来のために時間とお金を使ったほうがいいと理解しました。

自己投資するようにした

パチンコ・パチスロに使う時間とお金で自分に投資をするようにしました。いわゆる自己投資です。

自己投資にはいろんな種類があります。

  • 見た目をよくする
  • 勉強のために書籍を購入したり教室に通う
  • 新しい体験をする
  • 趣味のために道具を購入する

など色んな種類があります。

いままでパチンコ・パチスロに使っていた時間やお金を上記のような自己投資に使うようにしました。ぼくの場合だと、ヒゲ脱毛をしたり、勉強のために書籍を購入したり、趣味であるスノーボードやカメラに使ったりしました。

いままではマンガしか読んでいませんでしたが、「本を読むぞ!」と決めて小説やビジネス書を読むようになった当時で100冊以上は読んだと思います。いまでは100冊くらい普通に読んでいますが…。

他にも新しい体験ということでキャバクラなど夜のお店にもたくさん行きました。おかげでいろんな世界を知ることができましたね。

自己投資であれば、確実に自分の経験になります。「パチンコで勝ったらアレを買おう」とか「パチスロで勝ったらコレする」だと確実ではありません。それだけのお金があるならとっとと自己投資したほうがいいです。

パチンコ・パチスロ以外に稼げる方法があると知った

上記のように自己投資をして書籍をいろいろ読んだおかげで、自分でもパチンコ・パチスロ以外に稼げる方法があることを22歳にして知りました。

当時はガラケーだったことや特になにも考えていないこともあって、他に稼げる方法があるなんて知りませんでした。なんの取り柄もないし、ビジネスを始める資金もないし…といったようになんにも知りませんでした。

ですが、いろんな情報や知識を得たことで、資金がなくてもできるし、パチンコ・パチスロよりも稼ぐことができる可能性もあるし、自分のタメにもなるし一石三鳥ぐらいある。って知りました。

パチンコ・パチスロを本気でやめたい人にやってみてほしい3つのこと

ぼくがやめることができた理由はわかったけど、結局どうしたらいいの?って思う人がいるかしれません。そういう人のためにやってみるといいことを紹介しておきます。

お金が欲しい人は本を読んで勉強する

お金が欲しいならビジネスの勉強をするしかないです。急がば回れじゃないですが、パチンコ・パチスロをいくらがんばったところでたかが知れてます。ビジネスを勉強すればパチンコ・パチスロの数倍・何十倍も稼ぐことができます。

とは言っても、いきなりなにを読めばいいかわからないと思うので、ぼくのおすすめとしていくつか本を紹介しておきます。こちらの記事「10代におすすめしたい読むべき本10冊【マジで読んだほうがいい】」で紹介している本はとりあえず読んでおくとなにかヒントになるはずです。

全部買っても2万円いかないくらいなので、パチンコ・パチスロに使うより絶対にタメになります。

そんなに稼がなくてもいいという人は、だれでも始められて勉強にもなるクラウドソーシングをやってみるといいです。以下のサービスはぼくも使っているのでおすすめです。

簡単な作業もあるので一度やってみると、「こんなことでもお金がもらえるのか」と発見があります。

クラウドソーシングとは
個人間で仕事を受注したり依頼をして、スキルやコンテンツなどを売り買いするサービスです。

ひまな人は気になることをとりあえずやってみる

お金がそこまで欲しいわけじゃないけどひまな時間を無くしたいという人は、とりあえず気になることを片っ端からやってみるといいです。

いままでだったら、「やってみたいし気になるけど、うーんどうしようなあ…」って思うようなことをじゃんじゃんやっていきましょう。どうせパチンコ・パチスロに使う時間とお金なんだから、それ以外に使ったほうが有意義です。

自己投資ならなんでもいいのでやってみるといいですよ。

パチンコ・パチスロ依存症の人は病院で治療を受けるしかない

ガチで依存してしまって辞められないという人は、病院で治療してもらわないといけません。

依存症というのは、インフルエンザや風邪など一種の病気と同じです。治療じゃないと治らない可能性があります。病院へ行って治療してみることをおすすめします。

下記はこちらのページで労働省から推奨されている場所なので安心して利用できるはず。

▼都道府県及び政令指定都市の精神保健福祉センター
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

まとめ

パチンコ・パチスロを辞めることができた理由を解説しました。

「トータルで勝ったらやめよう」とか「明日になったらやめよう」では辞めることができません。今日この日からやめましょう。

  • ひまな時間ができたら本屋に行って気になる本を読んでみる
  • 自分の趣味に没頭する
  • 別の方法でお金を稼ぐための努力をする

などなど、できることから始めていきましょう。ぼくのおすすめとしては、とりあえず本を読んでみることです!

1冊1000円~2000円で買うことができて、慣れていないと読むのに数時間はかかるので、勉強になって時間もつぶすことができます。すぐにお金を手に入れることは難しいかもしれませんが、あとから何倍ものリターンを得ることができるようになります。

シロハヤ
シロハヤ
何度も言いますが、パチンコ・パチスロの時間とお金を他のことに使ったほうがいいです。
ABOUT ME
シロハヤ
シロハヤ
朝起きるのがつらすぎて一部上場企業を退職。無職時代をなんとか乗り越えてからは自堕落な生活に…… ヒモ体質な自分を変えるために現在はWebライターとして活動中。 時間と場所に縛られないライフスタイルをモットーに発信しています。 詳しいプロフィールはこちら
\ SHARE HAPPY /
この記事もよく読まれてる٩(ˊᗜˋ*)و

記事の感想や質問はお気軽に٩( ᐛ )و

メールアドレスが公開されることはありません。