工場勤務や期間工のリアル

【期間工】工場の仕事はきつい?楽?6年間働いて退職したのでぶっちゃける!

【経験談】製造業の仕事はきつい?楽?6年間働いて退職したのでぶっちゃける。
「製造業での仕事がきつい」ってよく聞くんだけど、反対に「楽すぎ」って言う人もいるから実際はどうなのか知りたい。際に工場で働いている人に聞いたことないからリアルな情報を教えてほしい。

本記事では、そんな疑問に実際に工場で約6年間働いていたぼくがお答えします。

製造業の仕事は、ぶっちゃけ…

きついです。

でも、作業に慣れてくると楽になります。

「いや、結局どっちやねん!」って意見があると思いますが、一概にきついとか楽とは言えません。その理由については、本記事で詳しく説明していきます。

製造業の仕事というと、みなさんがイメージするのは「ライン作業」と呼ばれる仕事だと思います。ライン作業は、ベルトコンベアから流れてくる部品を加工したり、運んだりして、1個あたりの作業時間が何十秒と決まっているような仕事です。

製造業で働いている人のいちばん割合が多い仕事なので、本記事では主にライン作業がきついのか楽なのか教えます。

工場勤務や期間工の仕事がきついと言われる理由

製造業での仕事がきつい理由は、ざっとこんな感じですね。

  • 肉体的にきつい
  • とにかくきっちりしている
  • 人と話すことがあまりないので精神的に孤独になる

それぞれ、どうしてきついのか解説していきます。

肉体的にきつい

ライン作業といっても、配属される場所によって作業内容が全然違います。

ぼくの経験した中で、一番きついライン作業は10キロくらいある部品を持ち上げてセットしてボタンを押して、箱に乗せるという作業。これがめちゃくちゃきつかった。

いままで運動はしていましたが筋肉がそこまであるわけじゃないので、筋肉痛になりました。1ヶ月くらいしたら筋肉痛にはならなくなりましたが、それでもきつかったです。

他にも1日中歩きっぱなしになるような作業やとにかく急いで作業しないと間に合わないような作業もあります。作業自体は、単純作業なので覚えられるけど肉体的にきつい…というようなケースが多いと思いますね。

とにかくきっちりしている

工場は、いい意味でも悪い意味でもきっちりしています。

休憩時間もお昼の休憩も定時も残業もとにかくきっちりあります。ただ、それが窮屈で性格に合わない人もいると思います。ぼくがそうです。

とにかくきっちりしていて、束縛されている感じがしてライン作業をしているときはきつかったですね。

人と話すことがあまりないので精神的に孤独になる

ライン作業は、基本的に人と話すことがありません。

トラブルが起こったときに上司や先輩に連絡して対処してもらうとき以外は、ほぼ話すことがありません。たまに、様子を見に来た上司が声をかける程度です。

なので、作業中はマジで無言です。休憩のときも肉体的にきついので話す気も起きないこともあります。なので、1日働いて「おはようございます。」と「おつかれさまでした。」しか声を出さない日もありました。マジです。

なので、おしゃべりが好きな人はめちゃくちゃ孤独感を感じるかもしれません。

ぼくは、1人が平気な人間なのでそこまで苦痛ではありませんでした。

工場勤務や期間工の仕事が楽だと言われる理由

反対に製造業の仕事が楽な理由はこれです。

  • めちゃくちゃ簡単な作業
  • 慣れると楽になる
  • 決められた作業をするだけでいい

めちゃくちゃ簡単な作業が多い

さきほどは、きつい作業を書きましたが反対にめちゃくちゃ楽な作業もあります。

例えば、その場で手のひらサイズの100グラム程度(スマホより少し軽いくらい)の部品を両手で取って機械にセットしてボタンを押すだけ。生産数もそこまで多くないので、そこまで急がなくても間に合うくらい。

めちゃくちゃ楽でした。このライン作業をしているときは、余裕があったので作業中でもトイレに行ったりすることができました。

こんな感じでめちゃくちゃ楽な作業もあります。

作業に慣れると楽になる

あとは、単純に作業自体に慣れてくると楽になります。

はじめは覚えることも多いし、やったことのないことをするので大変です。しかし、数ヶ月もすれば身体が動作を覚えて肉体的にも慣れてくるとめちゃくちゃ楽になります。

鼻歌を歌いながら作業できるようになるくらいです。

決められた作業をするだけでいい

ライン作業は、すでに決められている作業を決められた時間まで淡々とこなすだけで給料がもらえます。

それ以上覚えることは増えません。一度覚えたらもう終わり。

恐らく他の仕事だと、だんだんと覚えることが増えて、後輩ができるとさらにやることが増えていきますよね?

ライン作業なら、最初に覚えたこと以外はやることが増えたりすることがないです。

いままでぼくが経験してきたライン作業は、全部1ヶ月以内に慣れたのでそこからはめちゃくちゃ楽でした。だってもう頭を使うことがないから。

工場勤務や期間工の仕事がキツイか楽かはぶっちゃけ運次第…!

製造業の仕事がきつい理由と楽な理由を解説しました。

これで、どうしてどちらの意見もあるのかわかっていただけたかと思います。それなら楽な作業にすればいいやん!って思う方もいるでしょう。

しかし、工場で働くときにどんな作業をするのかは自分で選ぶことは難しいです。正社員なら少しは融通が利くかもしれませんが、期間工ならなおさら難しいと思います。期間工で募集しているのは、人員が不足しているライン作業だからです。

なので、どんな作業かは選べないし、そもそもライン作業自体に種類がありすぎてわからないですね。6年働いてたぼくでも自分の工場のすべてのライン作業を把握している訳ではないので。

参考までに、ぼくの働いていた自動車関係の工場は筋力的にきつい仕事が多く、食品関係の工場は、作業スピードが求められるような仕事が多いです。自分に合うほうを選ぶといいでしょう。

まとめ

工場勤務はたしかにきついし大変です。

ですが、どんな仕事もはじめは大変ですし慣れるまで時間がかかるんですよね。でも、工場の場合は、作業に慣れるだけで一気にイージーになります。

お仕事がただのイージーな作業ゲーに変わります。

作業ゲーを時間までこなすだけで給料がもらえちゃいます。しかもそれなりの金額。イージーな作業ゲーになるかどうかはやってみないとわかりませんが、人間は慣れる生き物なのでいずれ作業ゲーになります。

頭使うのがめんどくさいって人はめちゃくちゃおすすめだと思います。

ABOUT ME
シロハヤ
シロハヤ
朝起きるのがつらすぎて一部上場企業を退職。無職時代をなんとか乗り越えてからは自堕落な生活に…… ヒモ体質な自分を変えるために現在はWebライターとして活動中。 時間と場所に縛られないライフスタイルをモットーに発信しています。 詳しいプロフィールはこちら
\ SHARE HAPPY /
この記事もよく読まれてる٩(ˊᗜˋ*)و

記事の感想や質問はお気軽に٩( ᐛ )و

メールアドレスが公開されることはありません。