工場勤務(製造業)

本気で工場勤務をやめたい人へ…抜け出す方法は2つだけ【実現可能】

本気で工場勤務を辞めたい人へ…抜け出す方法は2つだけ【実現可能】
工場勤務として働いているんだけど、いまの仕事を辞めたい。できたら工場以外の仕事をしたい…でも、どうやって工場勤務から抜け出せばいいのかわからない。

そんな疑問にお答えしていきます。

ちなみに、この記事を書いているぼくは約6年間も働いていた工場勤務から抜け出して、いまはフリーランスとして生活しているので参考になれば幸いです。

工場勤務から抜け出せたことを言うと、「どうせなにか特別なスキルがあったり、高学歴なんでしょ。」と思われるかもしれないので簡単に経歴を紹介しておきます。

工業高校を卒業後、そのまま自動車関係の会社に約6年間就職。

2年前に退職して、いまは工場では働いておらずパソコンを使って収入を得て生活しています。

経歴を見ていただけるとわかるように、普通の工業高校だったので高学歴でもないし、学生時代は部活一筋でバイトをしたこともありません。工場でしか働いたことはありませんでした。

そんなぼくがいまでは、パソコンだけで生計を立てることができています。パソコンだけで生計を立てているというと怪しい感じになるので、正確に言うと主にアフィリエイトとライターで収入を得ています。

ぼくのように製造業の仕事しかやったことがなくて、特にスキルもないとすぐに工場勤務をやめて抜け出すのは難しいかもしれません。

ですが、 自分の努力次第で工場勤務の仕事から抜け出すのは余裕で可能です。

工場勤務を辞めたいなら自分が努力して行動すれば確実に抜け出すことができます。

ぼくも数年前は工場勤務を辞めたいと思って悩んでいたので、同じような境遇の人の参考になれば幸いです。

工場勤務をやめたいなら自分が行動しないと無理という話

工場勤務を辞めたいなら自分が行動しないと無理という話

ぼくの話になってしまうんですが、工場でどうして6年間も働いていたかと言うと、無知な状態のままで行動もしていなかったからです。

会社に入ったころから「工場勤務の仕事は嫌だ~!」と内心では思っているけど、思っているだけ。

仮に工場を辞めてもどうしたらいいのか、他にどういう選択肢があるのかもわからないままで、なにも行動をしていませんでした。

シロハヤ
シロハヤ
普通に働いて、帰ったらテレビを見てゴロゴロして、休みの日は飲みに行くという普通の会社員でしたね。

工場勤務から抜け出すために本を読み始めた

20代中盤になるころにそろそろ本気で将来について考えないとヤバいと感じてから、工場勤務を抜け出すための行動をするようになりました。

工場勤務から抜け出すための一歩がいろんな本を読むことでした。

はじめのうちは、ビジネス書を中心に書店ランキングや話題の書籍をとりあえず読んでいました。なにもわからないからとにかく本を読んでみようって感じですね。

いままでほとんど本を読んでいなかったのに、そのころに読んだ本は年間で100冊超えていたと思います。

工場で働きつつ、仕事が終わったらひたすら本を読んでいました。休みの日は、ゲオに行って中古の書籍をまとめて10冊買って読んだりもしてました。

そうすると、徐々に物事への考え方が変わって、いろんな働き方があることもわかったんですよね。

その結果、なおさら工場勤務で働く必要ないやん!という考えにいたりました。

行動した結果、工場勤務から抜け出すことができた

「別に工場勤務じゃなくても働けるし、いまより収入は落ちるかもしれなけど、普通に生活はできるから」ということでとりあえず退職しました。

とは言っても、本を読み始めてから退職するまでに1年半くらいかかってます…。

いろいろあって辞めるまでに時間はかかりましたが、 工場勤務から抜け出すために本を読むという行動を起こしたことが確実に人生を変化させました。

いまでこそ自由な時間が増えたので年間100冊以上は読みますが、いま思うと働きながら年間100冊以上読んでいた自分はがんばっていましたね。

シロハヤ
シロハヤ
年間100冊ってことは1ヶ月に約8冊だから、週に2冊は読んでいる計算です。会社員だとちょっと大変ですよね。

当時、年間100冊以上は読んでいたので褒めてあげたいくらいです。

ぼくの場合は、工場勤務から抜け出すための一歩が本を読むことでしたが、工場勤務を辞めてからどうしたいかによってその一歩は違います。

転職したいならそこまで本を読まなくてもいいかもしれません。

ということで、工場勤務を辞めたい人のために抜け出す方法を解説します。

工場勤務を辞めたいならどうすればいいか?方法は2つしかない

  1. 別業種に転職する。
  2. 自分で収入を得る。(フリーランスや個人事業主)
  3. 宝くじを当てる。

給料を宝くじに全ツッパして、当たるのを祈る…当たるまで工場勤務。

ただ、宝くじに当たる確率は、飛行機が墜落する確率より低いのでかなり修羅の道ですね。

それよりも「別業種に転職」か「自分で収入を得る」のほうが現実的に実現可能です。なので、工場勤務を辞めたい人が進む道は基本的にはその2択です。

①工場以外の別業種に転職する

工場勤務から抜け出したいなら、 製造業以外の業種に転職するのが手っ取り早いし安定です。

「工場勤務しか経験したことない人は採用してもらえないでしょ…」と思いますよね。ぼくも以前はそう思っていました。

しかし、工場勤務の経験しかなくても、別業種に転職するのは割と簡単で未経験でも採用してくれる会社はたくさんあります。

さすがに高収入・高待遇とまではいきませんが、普通に生活できる程度の収入はもらえるので十分かと思います。

資格があったほうが転職に有利になるかもしれませんが、絶対に必要な訳ではありません。本当にやりたいことのために資格が必要ならいいですが、そうじゃないなら勉強をする時間はもったいないです。

別業種に転職できるように資格を取るよりも、まずは転職したい業種で未経験可の会社に入って実務経験を積んで、それを実績としてさらに転職したほうが確実にステップアップしていきます。

ただ、年齢がかなり年配だと難しい場合もあります。

どうしても年齢で決められる部分はありますが、それでも不可能ではありません。

本来なら若いうちにいろんな経験をしておくべきなのですが、40歳以上になって工場を辞めたいという人は、いままでそれ相応の努力をしてこなかったからではないでしょうか。

それでも不可能ではないので、いままで努力してこなかった分がんばるしかないですね。

いまの自分は過去の自分の行動の積み重ねからきています。

「もっと若いうちにやっておけばなあ」と言っているあいだは負け組です。年齢なんて気にせず努力して行動した人が最終的に勝ちます。特にまだ20代30代の方は、そうならないためにもどんどん挑戦していきましょう。

シロハヤ
シロハヤ
もっと前からがんばっていればなあ…と思うこともありますが、そんなこと言ってもしょうがないのでヤルしかない。

別業種に転職する会社を見つける方法としては、ハローワークや転職サイトを利用すればすぐに見つかります。あとは気になる会社や業種に面接を受けてみるだけです。

ハローワークや転職サイトの利用は、すべて無料ですし、面接は何社受けてもお金がかかりませんよね。完全にノーリスクなのにどうしてやらないのか…

行動もせず「工場勤務辞めたい…」と口にするだけでは、この先も工場勤務のままでしょう。

②自分で収入を得る。フリーランスという選択もアリ

もし会社員という働き方が嫌なら、自分で稼ぐしかありません。

方法はたくさんあって、フリーランスのように個人で仕事をもらってもいいし、アフィリエイトのように自分で稼ぐ仕組みを作るのでもいいです。

ただし、どのやり方も結果を出すにはそれなりの努力と時間が必要です。

すぐにうまくいくわけではないので、工場で働きつつ休みの日や空いた時間を自分で収入を得るための時間に使っていきましょう。

シロハヤ
シロハヤ
ぼくも仕事以外の時間を使って作業しようと思ったんですが、仕事で疲れてやる気が起きなかったのでとりあえず退職しました。貯金がある人はそういう選択もアリだと思います。

「自分で稼ぐってどうやったらいいの?」とか「フリーランスってなに?」って人はとりあえず本をたくさん読んでみるといいですね。そうすると収入を得るための手段はいろいろあるんだなと知ることができます。

なんか丸投げ感がありますが、いろんなやり方がありすぎて説明しきれないのが正直な話です。なので、ぼくがおすすめなのは以下の方法です。

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • ライター
  • プログラミング

それぞれのやり方については、ググればすぐに出てきますし、書籍も出ているので自分で調べてみるといいです。ネットで探せる情報は無料です。

ただ、中には情報弱者を狙う悪い情報もあります。

そういう類には騙されてほしくないので、参考にするといい方やサイトだけ紹介しておきます。

参考になる方々とサイトを紹介

ブログは、ブロガーのヒトデさんが運営している「完全初心者のためのブログの始め方 | どこよりもわかりやすく、優しく解説」が参考になります。

アフィリエイトは、マナブさんの「アフィリエイト学習の完全マップ|知識ゼロ→月10万円を目指す方法」やひつじさんの「アフィリエイトの始め方|初心者が月5万稼ぐ方法をすべて公開!」が参考になります。

プログラミングは、さきほど紹介したマナブさんがツイッターで積極的に発信してくれています。マナブさんのブログにも情報があるので参考にするといいですね。

ライターは、トップライターとして活躍している名もなきライターさんのこちらの記事が「【2018年1月ver】1円ライターを抜け出して在宅で月50万円稼ぐ方法 – 名もなきライターのブログ(千葉市かず.inc)」が参考になります。

ここで紹介している方々はツイッターでも積極的に発信されているのでフォローしておくといいですよ。ぼくも日々勉強しています。

行動する前に自分が工場勤務を辞めたい理由を明確にしておくべき

行動する前に自分が工場勤務を辞めたい理由を明確にしておくべき

これは工場勤務に限った話ではありませんが、いま工場で働いているとして、辞めたい理由を明確に言えますか?

明確に言えないなら辞めるべきではないです。

そういう人は辞めたい理由が明確になっていないから、行動がついてこないし、的外れなことをして無駄な時間を過ごしてしまいます。

とりあえず資格を取ろうとして勉強をしても集中できないのがわかりやすい例ですよね。あの会社に入るためにはこの資格が必要だから取る。ならいいですが、なんとなく資格があると便利そうだからでは、全然勉強が進まない。

そもそも資格が必要ないなら、他のことに時間を使ったほうがいいですよね?

そういう理由もあって、工場勤務を辞めたい理由を明確にしておくべきなのです。

早起きが苦手だから工場勤務を辞めたかった…

ぼくが工場勤務を辞めたかった理由をあげると以下のような感じですね。

  • 朝起きるのがつらい
  • 汚れるような仕事が嫌だ
  • がんばっても給料が変わらないのが不満

特に早起きがめちゃくちゃ苦手で、決まった時間に起きて働く時間も決められることがストレスでした。なので、決まった時間に起きなくてもいいようにするにはフレックスタイム制の会社に転職するか、フリーランスのように個人事業主となって自分で稼ぐしかありません。

だから工場勤務からフリーランスになる選択をしました

そこでぼくの場合はフリーランスという選択をしました。

フリーランスなら自分で起きる時間が決めれるし、働く時間も自由。なにもやならければ収入はないけどやったらやった分だけの結果がついてくる。

まさに自分の理想に近い働き方です。

工場勤務のころより大変なときもありますが、断然フリーランスのほうがストレスフリーなんですよね。

シロハヤ
シロハヤ
…フリーランス最高。

工場勤務でも行動すれば変わります

「将来稼げなくなったら?」という不安はありません。

もしもそうなったら普通に就職します。

就職したときに採用してもらえるように、スキルを身に付けつつ日々過ごしているので、就職できないとかの心配はほとんどありません。自分の価値を高めていけば会社に依存しなくても生きていけます。

さいごに

最後にまとめると工場勤務を辞めたいなら抜け出す方法は2つです。

  1. 別の業種に転職する
  2. 自分で収入を得る

基本的にこのどちらかしかありません。

どちらを選んでも自分が行動しない限り、工場勤務から抜け出すことはできません。

行動して努力しないと実現は難しいですが、行動すれば実現できる可能性はかなりあります。どちらもノーリスクなのでやれるだけやってみるといいですよ。

ぼくは、ブログとアフィリエイトとライターで生活をしているので、その辺について聞きたいことがあれば遠慮なく聞いてくださいね。

シロハヤ
シロハヤ
もしも気になることがあれば、ツイッター(@shirohaya10)で質問してください!答えられる範囲でお答えします。
この記事を書いた人
シロハヤ
シロハヤ
朝起きるのがつらすぎて一部上場企業を退職。無職時代をなんとか乗り越えてからは自堕落な生活に…… ヒモ体質な自分を変えるために現在はWebライターとして活動中。 時間と場所に縛られないライフスタイルをモットーに発信しています。 詳しいプロフィールはこちら
\ SHARE HAPPY /
この記事もよく読まれてる٩(ˊᗜˋ*)و

感想やご質問はお気軽に٩( ᐛ )و

メールアドレスが公開されることはありません。